育毛の仕組み

antibiotics

ミノキシジルを配合した育毛剤を使えば、AGAの進行をストップさせることができます。
しかし具体的には、それはどのようにして可能になるものなのでしょうか。ロゲインやその他の「ミノキシジル育毛剤」のメカニズムについて、説明します。

AGAが発症し、進行するとき、髪の生える土壌である頭皮は、いわば「肥料不足」の状態に陥ります。髪は自然に生えてくるものではなく、やはり体の一部であるからには長くのばしたり、太く成長させたりするために栄養分が必要なのです。その栄養分は、血液が運んできます。血液は体内の各所に栄養分を運ぶ役割を担っていますが、運び先のひとつが頭皮であり、運ばれた栄養分は髪を育てるのにつかわれるのです。
しかしAGAになると、頭皮の血管が細くなってしまいます。血管が細くなるとその分だけ血液の量が少なくなります。そういうわけで、髪を育てる環境が損なわれてしまうのです。
ロゲインなどの育毛剤に含まれるミノキシジルは、まさしくこの問題を解決するための成分として存在します。
ミノキシジルは血管の拡張を促し、血液が再びたっぷり流れて生えた髪の毛をちゃんと長く太くなるまで育てられるようにします。いわば環境を整備することによって、抜け毛や薄毛の症状を抑えることができるのです。

ちなみに、育毛剤を使い始めてから、大体3~6ヶ月経つころにその効果は現れてくるとされています。
1、2日使ってみて「ダメだ。ぜんぜん効果ない。やめよう」などといって放り出してしまうのはよくありません。しばらくは辛抱して果報を待ちましょう!